椅子が届いた

秋色ピアス♪

思いっきり春のはずがまだまだ冬なんですけど
好きな色が全部秋色系が多くて年中秋色人間です。

椅子が届きました。既に2回ほどロン轢きました

これでクッション無理矢理積んで背もたれ作ったり靴下履かせたりしなくて済むのね…
と思ったら足が届きません
悲しくもデスノートのL座りで頑張ってます、お菓子ください

珍しくそんなところに登るなら足元に来なくていいじゃない…

絵は魔がさした。後悔はしていない。

・・・後悔はしていない

 

書くことやまほどあった気がするんですが何せ無気力で調子悪くどんどん溜まっては脳みそが溶けて忘れていく次第〜〜〜〜〜〜〜

 

ブックマークを使っていたらどんどん本が読み進んで

読み終えた。

結局箕子を主人公にした作品だったのでどちらかというと紂王に対するイメージが変わるかも。
というかそこが狙いとも思えるけど
何にしろ終盤で活躍しようがあまりない箕子なので、
肝心の殷周易姓革命についてはかなり早足でさらっと終わってしまう感じが寂しいですね…

あとそっち寄りの作品なので姫昌や太公望については割と辛辣です。笑

釣れますか?とかはありません(断言

こっちとは全く違った観点なので
なんて言うか結局正義とか人の良し悪しなんてどこにもないよね…と人生を傍観したような感じになった

一人を良しとすると別が悪になったり、必ずそういうのが出てくるよね…

現代社会にも同じことが言えますよね…とか考えて虚しくなった

 

・・・わたしは一体何をやってるんだ・・・
(お勉強の教材用に栞を作れば進むのでは)

 

今?

これ読んでるてへぺろ

沈黙の王は最初の章が好きすぎてあとは覚えてなかったんだけど
今日2章目読んで完全に秀吉やないかと思ったらそれどころの野望じゃなかった…

猿の野望online…

どうでもいいけど夏王朝辺りまだほとんどが裸足で歩いてたって
舗装もされてない山とか色々裸足って
めちゃくちゃ足裏の皮強そうだなっておもいました(こなみかん

いつの間にか下克上どころか物語の主人公の座を奪うかんさくさんの王座を手に入れたあとの元王妃たちへの仕打ちが最高の見どころです。

男の人が宦官の話読むとこうなるのかなって感じです

 

本当にこなみかんな感想しか述べられないしもう漢字調べるのもめんどくさくてごめんなしあ(そこ省いて宮城谷ファンを名乗れるのか

 

違う、デレステ動画こっそり更新してますって書きにきたのにまたどうでもいいことでこんなに記事長くしてしまった

イベント進みましぇん・・・みりあやんないよ・・・みりあSSR出たばっかりだよ・・・

やっとますぷら一個フルコンしたよ・・・おねシンだけど・・・動画撮れたよ・・・


コメントをどうぞ