アンティーク塗装其の三

アンティークへの夢はまだ終わらない。

実はこれ、プラスチックなどにも使えるということで。
最終的に塗りたいものがあるのですがまあそれはかなり時間がかかりそうなので置いといて。

お気に入りのボールペンのインクが出なくなったので…
100均でまとめ買いしたボールペンをリメイクしてみよう!とバラしました。
ちなみに文房具バラすのは中学のときからの趣味です。
友達と部品交換したり…したよね?
あのときは…リア充だったんだ…

てことでかなり汚いけど塗りました。

実は別の指輪にも塗っててかなり苦戦してたのでだいぶ慣れてきました。

拡大。

あ、もう何で撮った写真なのかわからなくなってきた

ノック部も塗ってます。
その下にくる部品はさすがに見えないしいいやってことで。

綺麗に塗れなかったのでかわいくするためにさらにマスキングテープでデコります

割といい感じになってきたぞ…
何でれんこんチョイスかはわからんけど…

塗料が固まってノック出来ない事件もありましたが何とか乗り越えました。

マステの粘着が弱く剥がれるので上からレジン塗ることにしました。やめときゃよかった。

硬化中がこちら。別にさすがにこの写真いらないと思う

硬化中に指輪でも。
これを塗るのに苦戦してたんですけど、結局剥げちゃいました。
もったいないから普段使いしたいな〜ってこれ結婚前のペアリングです。
ペアリングを塗装する嫁。なかなかにひどい。

何がひどいって結婚指輪無くした・・・・・・・・・・・・・・・ほんとにみつかんない・・・・・・・・・・・・・・・・
初めてだよこんなの・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなわけで完成です。
あれ?れんこんは?
あまりの粘着の弱さに猫になりました。

初めはワイヤーで何とか頑張ってみて途中で「ピンバイスで穴開けたらよくね…?」ってなって
ピンバイスで穴開けてワイヤー無理矢理エポキシでくっつけたのが右。
そして「ヒートンでよくね…?」ってなってピンバイス折れてぶっ飛んでヒートンぶち込んだら中折れ()してどうにもならなくなったのが左上です💫

かわいいけど使い道に困ってたブルドッグのチャームが使えて満足です…

元のボールペンも並べてみた。
結構信じられないぐらい変わったくない?????????????????

割と満足です。

 

 

…金属感とか錆び感はあんまりないんですけどね…?

アンティーク塗装其の二

はい、寝ましたね!寝ましたね〜!!

朝にここまで書いて下書きで終わってたっていう

ということで前回の続きです。
液体ではどうにもならないと知って(身を以て)

じゃーん。

ガチ塗装!!!!!!

こちらのシリーズです。

1液、2液とあり1液を塗ってから乾く前に2液を混ぜるように塗ると錆び塗装が出来るという!
左からブロンズ、アイアン、2液です。

しかし金古美塗装にしたいのに何故ブロンズを買った…?

ということでこいつらを塗っていきたいと思います。
右は前回失敗した300円の指輪。
左は3coinsで購入したゴールドの猫。(この時はいぶし液が何とかしてくれると思ってたんだよ…)

開けてみるとこんな感じ。
ブロンズ、完全に上部固まってましたけど筆で混ぜたら大丈夫でした。

塗ってみる。おお、何か豪華な感じに…(ブロンズですから…

そして2液!

すごい!すでに何か黒い!

これいい感じなんじゃないですか…?

完全に猫というより山猫の風貌になりましたけど。

ブロンズ色が強かったのでこちらはアイアンも混ぜてみました。

おお…黒い…(こなみかん

1時間ほどで錆びが始まり1日置くといいみたいですけど
20分ほどで既にどんどん進んでいる気がします。

気がするだけ。

元のチェーンと比べてもだいぶ変わってきている…

こちらもいい感じに染まってきました。
心なしかどっちも顔がどんどん怖くなってないか?

数時間置いた感じ。

これは完全に…銅古美。

完成した感じです。
最初と比べてかなり染まってます。
塗料って塗るの難しいけど染まらないよりはそりゃいいですね

後ろから。

でも本当は上の色の感じに染まって欲しかった…
何で紙にだけ理想の色が出るんや…

しかしこれ、錆び風塗装じゃなく錆び塗装なんですよ。
つまりね

 

アクセサリーに向いてない。。。

そりゃ実際錆びてたらあかんやろ…

あと指輪は使用したらすぐ剥げました。

 

もうやだ難しい!!!
でも何とかしたい!!!!!!!!!!

続きます。

あ、でもアクセサリーはこれでおしまいです(失敗のままか

アンティーク塗装其の壱

買った頃は金古美色だった筈のこの指輪…
お値段何と300円…
結婚直前ぐらいに買ったからもう6年?7年?
そら塗装も落ちるわ。

でもずっとお気に入りで大事に…?大事かはわかりませんが使ってきたんですよね。
このシルバーとも金古美とも言えないチープになってしまった指輪、どうにか出来ないかと思い
色々ググりました。

色々ぐぐっていった結果、こういった物を発見しました。
どうやら温泉などの成分で有名な硫黄で黒いぶし加工が出来るようです。

(数年前までは薬局などで温泉の素として売っていたものが使用出来たみたいですが、そちらは廃盤。。。)

ということで。
希釈して

ドボン。

説明にあった限りみるみるうちに黒くなるようですが

全くもってその気配なし。

300円だもんね…素材に問題があるのかもね…

他のもドボン。

ここでビーズなどに変色がないかも気になります

安心してください

ビーズどころか何一つ変わりなかったです

最終的にこれだけのものドボンしたんですけど何一つ変わりませんでした

唯一変わったのは

100均のワイヤー。
一瞬のうちに黒くなりました。

そういえば、銅板に使うものって書いてた気が…(今更

やすりをかけたら結構それっぽくなりました。
金古美塗装ではなく銅古美ですけど…

100均ワイヤーでワイヤーアート練習するときなどにいいかもしれませんね。

金古美ワイヤーあるから別にいいけど…

そんなわけで失敗談でした。

次は長くなります。起きてられるか不安です

濃い顔

155-1

すごく濃い顔とゆうか気持ち悪いですね
昔どっかの掲示板で描いたものを塗って書き起こしてみたんだけど。

雰囲気すら変わってしまい何かもうダメダメだな~と
へこみつつ
徐々に絵から遠ざかっている私…

▼続きを読む ?